ホタテの旨味と甘味、豆板醤のピリリとした刺激的な辛味の組み合わせが美味しい『ホタテの炒め物 家庭風』



『ホタテの炒め物 家庭風』です。

ホタテの旨味と甘味、豆板醤のピリリとした刺激的な辛味の組み合わせが美味しい一品です。

この料理は、中国の家庭料理です。



  1. ホタテは、横に二等分の厚さに切り、塩、胡椒、紹興酒、卵白、片栗粉、油で下味を付けます。 

  2. ズッキーニはホタテと同じ厚さに切り、生姜は薄切り、マッシュルームと赤ピーマンは食べやすい大きさに切り、ネギは1センチ角のサイコロ切りにします。 

  3. 中華鍋にタップリの油を入れて低温で熱し、ホタテ、ズッキーニ、マッシュルーム、赤ピーマンを油通しをして、油を切ります。 

  4. 中華鍋に油をひいて熱し、ネギと生姜を入れて炒め、香りが立ってきたら豆板醤を加えて炒めます。 

  5. 中華鍋にホタテ、ズッキーニ、マッシュルーム、赤ピーマンを加えて混ぜ合わせ、ソース(砂糖、酒醸、酢、醤油、鶏ガラスープ、紹興酒、摺り下ろした生姜、胡椒、水溶き片栗粉を混ぜ合わせたもの。)を回し入れて強火で炒め合わせて出来上がりです。




ズッキーニは、今が旬の野菜ですよね。

ズッキーニは見た目はキュウリ、食感はナスのような感じですが、どちらの野菜とも関係は無く、実際はカボチャの仲間だということです。

ズッキーニは体に免疫力を上げる成分を持ち、夏風邪の予防に良いと言われています。

そういえば、ズッキーニには微量のククルビタシンという苦味成分が含まれているのですが、まれに含有量の多い個体があり、これが食中毒発生につながることもありますので注意しましょう!

見た目では全く分からないので、異常に苦い味わいだったら食べずに吐き出してください。

コメント