タマネギのトロリとした甘味のあるソースが特徴の『牛肉のステーキ リヨン風』



リヨン風とは、リヨン地方のスタイルの料理で、タマネギをよく使うのが特徴です。

タマネギをきつね色になるまでシッカリと炒めているので、トロリとした甘味のあるソースになっています。

また、タマネギは肉の臭み消しとしても役立っています。

付け合わせは、ジャガイモ、舞茸、シメジをバターでソテーして、塩、胡椒で味付けをしています。



  1. 牛肉は予め常温に戻しておきます。

  2. ローストオニオン(スライスしたタマネギをオイルを引いたフライパンに入れて濃い茶色になるまで炒めます。)をソース用の鍋に入れ、白ワインで伸ばし、ブイヨンを加えて焦がさないように煮詰め、塩、胡椒で味を調えます。 

  3. 牛肉の両面に塩、胡椒を振ります。 

  4. フライパンにオイルを引いて熱し、牛肉を入れて、次にバター大さじ1杯を加えて両面に焼き色が付くまで焼き上げます。 

  5. 肉を取り出し、バット等にのせ数分程度寝かせます。 

  6. 牛肉を器に盛り付け、ソースをかけ、パセリを散らして出来上がりです。

コメント