青ネギの甘味にチーズの風味が食欲をそそる『青ネギと生ハムのスパゲッティ』



『青ネギと生ハムのスパゲッティ』です。

青ネギの香ばしい香りと甘味にパルメザンチーズの風味が食欲をそそります。

パリパリになるまで炒めた生ハムは、塩分と旨味が凝縮されていてパスタと一緒に食べるととても良い味わい、そして調味料となりました。




そういえば『世界三大ハム』というのがあるのですが、


イタリアの『プロシュット・ディ・パルマ(豚のもも肉を塩漬けにし、吊るして乾燥させたもの。)』

 Parma 040
Parma 040 / Udo Schröter 



スペインの『ハモン・セラーノ(塩漬けにした白豚の後ろ脚を、長期間吊るして乾燥させたもの。)』

The good stuff, 50g is enough...
The good stuff, 50g is enough... / pocketrockets
 



中国の『金華ハム(金華豚といわれる、特殊な飼育をした豚の後ろ足のもも肉だけを使います。塩漬けに2ヶ月、乾燥に2週間、熟成に約1年かけます。)』

金華火腿
金華火腿 / Silly Jilly
 


になります。

この料理には、プロシュット・ディ・パルマを使うと、よりイタリアンな雰囲気が出ると思いますので、使ってみるのも良いかもしれませんね!



  1. 青ネギは全て生ね細切り、玉ねぎは縦にスライスし、一口大にちぎった生ハムはパリパリになるまで焼き上げておきます。 

  2. モントルシ プロシュット・ディ・パルマD.O.P チンエステッレ(15ヶ月熟成)約7kg
  3. フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたニンニク、種を抜いた赤唐辛子を入れて炒め、良い香りがしてきたら玉ねぎを加えて飴色になるまでじっくりと炒めます。 

  4. ガルシア エクストラバージンオリーブオイル 2000ml
  5. 玉ねぎが飴色になったら青ネギを加え、塩コショウをします。 

  6. フライパンに茹で上がったパスタと茹で汁を大さじ2杯程度加えます。 

  7. パリパリに焼き上げていない生ハムを一口大にちぎって加え、火を止めます。

  8. パルメザンチーズを振り、パリパリになるまで焼き上げた生ハムを入れ、パスタを混ぜ合わせます。 

  9. ロリーナ パルメザンチーズ
  10. パスタを皿に盛り、青ネギを乗せて出来上がりです。

コメント