フンワリとした優しい口当たりが特徴の『北京風卵炒め』



『北京風卵炒め』です。

普通、卵炒めは油を使って炒めますが、この卵炒めは水(スープ)を使って炒めるのが特徴です。

水を使って炒めると、卵がフンワリ・フワフワとした優しい口当たりになります。

またエビの旨味もスープと共に卵に染み込んで、美味しさがプラスされます。


ちなみに北京料理は、素材の香り等を楽しむために塩味の味付けが多いです。

この料理も塩味ベースということで『北京風』となっています。



  1. 海老は背ワタを取って適度な大きさに切ります。 

  2. うめ南高苑 有頭芝海老
  3. 海老を熱湯で軽く茹で、キュウリは4つに割った後に、斜め切りにします。 

  4. 〔お徳用〕  九州産 きゅうり(キュウリ・胡瓜・きゅーり・キューリ) 1kg 九州の安心・安全な野菜! 【九州・熊本・福岡産】
  5. 中華鍋に鶏がらスープ(250ml)を入れて沸騰させ、塩で味を調整します。 

  6. ユウキ 化学調味料無添加のガラスープ 130g
  7. 海老を入れます。 弱火でスープが沸騰した状態の中華鍋に、溶き卵4個分をおたまで、静かに少しずつ回し入れていきます。 

  8. おたまで鍋底から、ユックリと優しく静かに混ぜ合わせ(思いっきりシャカシャカ混ぜると、卵がそぼろみたいになってしまうので注意です。)、スープが無くなるまで弱火で炒めます。

  9. スープが少なくなってきたら、キュウリを入れてさらに弱火で炒めます。 

  10. 最後に短時間強火で汁気を飛ばし、仕上げに胡麻油を風味付けで加えて出来上がりです。

  11. マルホン 太香胡麻油 450g

コメント