山椒の効いた香ばしい味と香りの『海老のから揚げ 山椒風味』



『海老のから揚げ 山椒風味』です。

殻はカリッと身はジューシーに香ばしく揚げた海老に、花椒塩や胡麻油や木の芽のそれぞれの香りを十分に移し込んで、素材の美味しさを引き立てています。

この料理は、白ご飯のオカズよりもお酒のオツマミとしてよく合うと思います。

特にビールとの相性がとても良さそうです。



  1. 海老の足をハサミで切り取り、包丁で背側から包丁を入れながら2枚に切り分けます。 

  2. 天使の海老 30/40サイズ 1kg 生食用・冷凍
  3. 海老に塩とコショウを振りかけて下味を付け、少量の片栗粉を振りかけて薄く軽い程度にまぶします。 

  4. 中華鍋にたっぷりの油を入れて海老を揚げ、全体がカリッとしてきたら取り出し、油をきります。

  5. 別の鍋に胡麻油を入れて強火で熱し、海老を入れます。 

  6. 九鬼 ヤマシチ純正胡麻油 340g
  7. 紹興酒を少量加え、花椒塩と粗みじん切りにした木の芽を振り入れ、全体を手早く混ぜ合わせてできあがりです。

  8. ユウキ 花椒塩 40g



『木の芽』とは、山椒の若芽のことです。

木の芽(きのめ) 山椒の葉 国産 1パック木の芽(きのめ) 山椒の葉 国産 1パック


売り上げランキング : 50957

Amazonで詳しく見る

木の芽の旬は4月から5月、実山椒の旬は6月になります。

ちなみに、山椒の『椒』とは、『香りが良い』という意味があり、山椒の由来は、『山の香り高い実』からきているそうです。

コメント