牛肉100%で作ったジューシーな『ロシア風ハンバーグ』



『ロシア風ハンバーグ』です。

どういったところが『ロシア風』なのか?

まず、ロシアでは『コトレタ』といってメンチカツやハンバーグやミートボールのような挽肉料理をよく食べます。

コトレタは、フライパンでは無く、オーブンで焼き上げています。

ロシア風の調理法は、様々ありますが、オーブンで蒸し焼きにした料理が多いそうです。

あとソースにバターやレモン汁やペトゥルーシカ(イタリアンパセリ)を多く使っているのもロシア的であると思います。

これらの調理法や食材を使っているので『ロシア風』と呼ばれているのだと個人的には思っています。


『ロシア風』と名前が付けながらも、この『ロシア風ハンバーグ』はジャンル的にはフレンチに位置する料理となっています。

今回の『ロシア風ハンバーグ』は、牛肉100%です。

牛肉100%ですから、お好みの焼き加減で焼き上げることができます。

ソースは焼き汁を利用した簡単に作れて美味しいソースです。



  1. タマネギを1センチ角に切りバターで炒めます。 

  2. パン粉は牛乳に浸しておきます。 

  3. ボウルに、牛挽肉、炒めたタマネギ、パン粉、塩、黒胡椒を入れて粘りが出るまで揉みます。 

  4. 【 国産 和牛 】牛挽き肉 600g【 牛肉 ハンバーグ 麻婆豆腐 料理 に業務用 にも ★】
  5. 練り上がったものを、お好きな大きさに分けていきます。 

  6. オーブンでお好きな焼き加減になるように焼いていきます。

  7. 焼き上げて出た、焼き汁は取っておきます。

  8. 鍋に水1カップと固形スープの素を入れて煮立て、コーンスターチを小さじ0.5杯入れます。 

  9. 塩分30%カット 減塩コンソメ 2箱セット
  10. フライパンにバターを50グラムを入れて熱し、取っておいた焼き汁を加えて焦がしバター状態にして、みじん切りにしたイタリアンパセリ、レモン汁、黒胡椒、先ほど作った煮詰めたブイヨンを加えてトロミが出るまで煮詰め、最後にディジョンマスタードを入れて混ぜ合わせます。 

  11. MAILLE(マイユ) ディジョンマスタード 865g
  12. ハンバーグを皿に盛り付け、ソースをお好きなだけかけて出来上がりです。




ちなみにロシアでは茸をよく食べるということで、付け合わせは茸のソテーを添えています。(椎茸、マイタケ、エリンギなどの茸をざく切りにしてバターを熱したフライパンで炒め、塩で味付けをしています。)

コメント