スーパーのパック寿司と寿司の歴史



スーパーのパック寿司です。

最近のスーパーの寿司は、寿司屋に負けない位のレベルのものが多々ありますよね。

ネタも豊富で、色々な味わいをお手軽に楽しむ事ができます。

しかも安価で買って食べることができるというのが嬉しいですよね!



そういえば専門の寿司屋の寿司というと、一貫で注文すると2つ出てきますよね。

江戸時代の江戸の寿司は、おにぎり大の米の上にネタを乗せて出していました。

大きくて食べ辛いんですね。

そこで2つに切って出していたそうです。

その名残が現在でも残っているのだそうです。



寿司は元々、外で屋台を出して売っていたのですが、それが禁止されます。

そして外ではなく家(店舗)の中で売られていくようになります。

その寿司屋の形状は店主が客の対面にいて、店主と客を隔てたその周りには木で作られた長いカウンターが四角く構成されていますよね。

これは当時の屋台を模したものなのだそうです。

 屋台をそのまま家の中へ持ち込んだような感じです。

これも当時の名残なんですね。

≪こおりずし≫平宗の柿の葉ずし 担当者におまかせ(訳ありこおりずしお試し)5本セット≪こおりずし≫平宗の柿の葉ずし 担当者におまかせ(訳ありこおりずしお試し)5本セット


㈱柿の葉ずし
売り上げランキング : 44905

Amazonで詳しく見る

コメント