優しくてソフトな味わいが口中に広がる『白身魚の塩だれ炒めミルク風味』



『白身魚の塩だれ炒めミルク風味』です。

見た目は欧米料理にも見えますが、中華料理です。


使う食材は、アスパラガスに白身魚の真鯛(あと、ヒラメやカレイも良いですよね。)にエリンギ。

どれもミルクと相性の良いものを選びました。

塩だれのサッパリとした味と、ミルクの旨味と甘味が混ざりあったソースですね。

一口食べると、優しくてソフトな味わいが口中に広がります。



  1. アスパラガスとエリンギは一口大の斜め薄切りにします。

  2. 長野県産 エリンギ 秀品/100gパック
  3. 真鯛も一口大の薄切りにしてボウルに入れ、塩、紹興酒、油、卵白、片栗粉を加えて混ぜ合わせます。 

  4. ユウキ 料理用紹興酒 120ml
  5. 中華鍋に油をたっぷりと入れて熱し、真鯛を揚げ、アスパラガスとエリンギは油通しします。 

  6. 活けじめ 真鯛 養殖 愛媛産 約1-1.5kg 【築地直送】マダイ
  7. 油をあけた中華鍋に、あらたに油をひいて熱し、薄切りにした生姜と青ネギを入れて炒め、良い香りがしてきたら、真鯛、エリンギ、アスパラガスを加えて混ぜ炒めます。

  8. ソース(鶏ガラスープ、濃縮ミルク、塩、砂糖、胡椒、紹興酒、酒醸、水溶き片栗粉を混ぜ合わせたもの。)を回し入れ、最後に鶏油を垂らして、強火で大きく炒め合わせて出来上がりです。

  9. ヒガシマル醤油 酒醸 900g



ちなみに、この料理を中国語で書くと『鮮溜魚片』となります。

『鮮溜』とは、『あんかけ』という意味です。

コメント