ニンニクのコクと香り、赤ワインヴィネガーの爽やかな酸味が味わえる『鶏肉の赤ワインヴィネガー煮』



『鶏肉の赤ワインヴィネガー煮』です。

ニンニクは肉の臭みを消し、食欲をそそるコクと香りを与え、様々な国の料理に用いられていますよね。

ちなみに日本にニンニクが入って来たのは奈良時代。

それから長い年月を経て、一般的に広く食べられる様になったのは明治以降になってからなのだそうです。


今回の料理は、鶏肉をニンニクと一緒にジックリと赤ワインヴィネガーとブイヨンスープで煮込んだお手軽に出来る料理です。

リヨン地方の煮込み料理で、赤ワインヴィネガーの爽やかな酸味とコクがたまらない一品です。



  1. 鶏肉は予め、塩胡椒をしておき、ニンニクは一房分を薄皮を付けたまま一片ずつにバラします。 

  2. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、鶏肉が両面キツネ色になるまでソテーします。 

  3. ガルシアエクストラバージンオリーブオイル ペット 1000ml
  4. ソテーした鶏肉はニンニクと一緒に、煮込み鍋に入れて途中で裏返しながらフタをして弱火で15程蒸し煮にします。 

  5. 鍋にたまった油をスプーン等ですくって捨てます。

  6. 鍋を強火にして、トマトペースト大さじ1杯と赤ワインヴィネガー100mlを加えてかき混ぜながら、酸味と香りを完全に飛ばし、煮詰めていきます。 

  7. アレティーノ 赤ワインヴィネガー 1000ml
  8. ブイヨンスープ2カップを注ぎ、中火で15分程度煮込みます。 

  9. シマヤ 無添加チキンコンソメ顆粒 40g
  10. 鶏肉を器に盛りつけ、ニンニクを3~4個ほど添えます。

  11. ボウルの上にこし器を重ね、鍋に残ったニンニクをこし器に入れ、スプーン等で潰し、 潰した上から煮汁を注ぎ込んで混ぜ合わせます。 

  12. ボウルにたまった煮汁を、器に盛った鶏肉にかけ回して出来上がりです。

コメント