四川料理の激辛ニューウェーブ『ヨダレ鶏』



最近、ヨダレ鶏が流行っていますよね。

四川料理というだけあって、見た目も味わいも辛いです。

四川料理というと麻婆豆腐が注目されがちですが、ヨダレ鶏は麻婆豆腐よりも後に登場してきたニューウェーブな存在の料理です。


なぜヨダレ鶏というユニークな名前が付いているのかと言うと、四川省出身の有名な文筆家が著書で『あの料理(ヨダレ鶏)を思い出す度にヨダレが出てきてしまう。』という文章を書いたのが切っ掛けとなり、この名前が付いたんですね。



  1. 鶏モモ肉は塩を振って、紹興酒に漬け込んだ後に蒸します。

  2. ユウキ 料理用紹興酒 120ml
  3. 蒸した鶏モモ肉は氷水で冷やし、食べやすい大きさに切って器に盛ります。 

  4. Halla 輸入 鶏もも肉 2kg 冷凍
  5. ソースはショウガ、長ネギ、ニンニクをすり下ろし、油をひいて熱したフライパンで弱火で香りが立つまで炒めます。 

  6. フライパンに醤油、黒酢、砂糖、鶏ガラスープ、塩、花山椒、ごま油、紹興酒、赤唐辛子、ラー油を入れて合わせていきます。

  7. マスコット 花椒パウダー 25g
  8. 出来上がったソースは冷まします。 

  9. 冷ましたソースを鶏肉の上からかけて、胡麻と砕いたピーナッツをパラパラとかけて出来上がりです。

コメント